2020年5月18日

ソリマチ、愛知銀行と参照系APIの公式連携を開始

ソリマチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:反町 秀樹、以下「ソリマチ」)は、5月18日より、株式会社愛知銀行(本社:愛知県名古屋市、取締役頭取:伊藤 行記、以下「愛知銀行」)と参照系API連携を開始します。

202004_NewsRelease_愛知銀行様

以前よりソリマチは、識別符号を取得する形(スクレイピング方式)にて、金融機関明細を取得し自動で仕訳をおこすサービスを提供し、お客様の会計業務の効率化・正確性の向上に努めてまいりました。

銀行API(Application Programming Interface)によるデータ連携ではログインIDやパスワードをサービス提供事業者に預けることなく、利用者自身が銀行のシステムを通して利用したいサービスに対してデータ連携に関する許可を与えるため、よりセキュアな環境で安心・便利に残高や入出金情報の自動取得を行っていただくことが可能になります。

今回、愛知銀行との参照系API連携(※1)では、2018年10月にリリースした経営者向けアプリ「スマホ社長」(※2)にて開始します。 会計王、農業簿記といった会計ソフトに対して口座連携しているサービス「MoneyLink」においても追ってAPI連携を進めてまいります。

■金融機関とのAPI連携について
 ソリマチが契約締結をしている銀行の一覧

なお、2018年6月の銀行法改正に伴い、「電子決済等代行業」に関する新しい制度が開始されました。銀行API連携など電子決済等代行業を営むには銀行法等に基づく登録が必要となり、ソリマチも同年12月に電子決済等代行業者として登録を完了しております。(※3)

ソリマチは利用者への適切な情報提供、提携銀行との契約締結および情報開示の責務を果たしていく(※4)と共に、社内では、求められるセキュリティ水準を担保するための整備を進めて維持することで、利用者にとって安全で安心してご利用いただけるサービスを提供していきます。

今後も各金融機関との連携を進め、お客様にとって使いやすいサービスを加速してまいります。

※1 金融機関の口座情報を外部連携するAPI には、参照系APIと更新系APIの2種類あります。
参照系APIは金融機関の入出明細や残高情報等を外部サービスに情報連携するAPIで、更新系APIは外部サービス内から振込に係る情報連携を実現するAPIです。

※2 ソリマチ「スマホ社長」紹介ページ
https://www.sorimachi.co.jp/smp-pres/

※3 ソリマチ「電子決済等代行業者登録のお知らせ」登録番号 関東財務局長(電代)第8号
https://event.sorimachi.co.jp/newsrelease/20181212/

※4 電子決済等代行業について
https://www.sorimachi.co.jp/api/

 本件に関するお問い合わせは
お問い合わせ先
ソリマチ株式会社 東京本社
Fintech推進部
fintech@mail.sorimachi.co.jp