2018年12月12日

電子決済等代行業者登録のお知らせ

ソリマチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:反町 秀樹、以下「ソリマチ」)は、2018年12月11日に、電子決済等代行業者の登録(登録番号 関東財務局長(電代)第8号)を完了したことをお知らせいたします。

2018年6月1日に施行された「銀行法等の一部を改正する法律」により、「電子決済等代行業」に関する新しい制度が開始しました。※1
「預金者の銀行口座から他の銀行口座への振込等の指図を預金者の代わりに銀行に対して伝達する」(更新型)、または「預金者の銀行口座に係る残高や利用履歴等の情報を銀行から取得し、これを預金者に提供する」(参照型)サービスを提供する国内の事業者は、財務局への登録が必要になります。

以前よりソリマチは、中小企業向け業務ソフト『会計王』や農業者専用の簿記ソフト『農業簿記』をご利用のお客様に、金融機関明細取得・自動仕訳アプリケーション『MoneyLink』を提供することで、全国の金融機関から識別符号を取得する形(スクレイピング方式)にて、会計業務の効率化・正確性の向上に努めてまいりました。

今後、日本では金融機関によるAPI開放が進展し、接続事業者、金融機関双方のさらなるイノベーションが期待されており、ソリマチでは、一般社団法人電子決済等代行事業者協会にも正会員として入会し、利用者への適切な情報提供、提携銀行との契約締結および情報開示の責務を果たしてゆく所存です。また社内では、求められるセキュリティ水準を担保するための整備を進めて維持することで、今後も利用者にとって安全で安心してご利用いただけるサービスを提供していきます。

※1 金融庁「電子決済等代行業を営むみなさまへ」
https://www.fsa.go.jp/common/shinsei/dendai/index.html

本件に関するお問い合わせは